大塚商会実践ソリューションフェア2015

先日、株式会社大塚商会主催の実践ソリューションフェア2015に参加してきました。

スマートフォンやタブレットの進歩には驚かされました。

特にインターフェイスです。

こんなことまで出来るのか!と目を見張るものばかりでした。

使いこなして是非とも普段の業務にも活かしたいところです。

 

展示会の他にも、セミナーもたくさん開かれていました。

中でも参加したセミナーで、特に印象に残っているのは、

  • 「アイデアがわき出る3つの方法」 中谷 彰宏 氏
  • 「脳を生かした仕事術」 茂木 健一郎 氏

の2つです。

簡単ではありますが、議事録として、

また自分自身の記憶に留めておくために、ブログにまとめておこうと思います。


「アイデアがわき出る3つの方法」 中谷 彰宏 氏

堺市出身とあって、親しみやすい関西の“おもろい話”を交えながら、とても解りやすい講演でした。

 

■心に残った言葉。(キーワード)

・アイデア=工夫=“ダンドリ” → 何事にも“ダンドリ”を立てることが大事。

・今までのやり方が通用しなくなったときに新しいやり方、仕組みを試みる。 ← 今はまさにその時代。

・いいアイデアの条件として、お客さんも売り手もハッピーになれる方法であること。

・商いは仕入れが命である。まずはお客さんとの関係を築くことが大事。

・努力は頑張ったあと、上手くいかなかったとき、止まってしまう。

・対して、アイデアは上手くいかなかった場合、次はこうしよう!と他の方法を考える為、止まることがない。

 

■成功の法則↓

  • 1回目50%
  • 2回目75%
  • 3回目97%

と2回目以降は成功率が飛躍的に上がる。

1回目から成功を目指しているから、失敗を恐れるので身動きが取れない。

 

■アイデアとは…?

  • 一見役に立たないことを、後になって役に立たせること。
  • 9割方の人が気付かないことを気付くこと。
  • 切り替えること。プランAで上手くいかなかった場合、プランBに切り替えが出来るかどうか。

 

■伸び悩む企業とは?

  • 2、3の方法を試す。

 

■伸びていく企業

  • 1000、10000の方法を試す。

 

■ちょっと小話も・・・

大阪人は「福袋」が大好きです。好き過ぎて破ってしまう人もいます。

中身を見て「ええもん入ってるやん!」となり、購入します。

そこで売り手は考えました。透明の袋で売るようにしました。 → しかし、これでは大阪人のテンションが上がりません。

 

それはなぜか?

 

最初から見えているものを買うと“お楽しみ感”が薄れる為です。

他にも、ドラッグストア等で付属の品が付いてる品程売れ行きが良いと言います。

バイヤーはあえて、付属品が付いた商品だけでそのブースを埋めません。

お客さんの購買意欲をそそるには3、4個だけそこに置くのです。

限定品に弱いお客さんは「あと3つしかない、買わなきゃ!」 → 売り切れるのでは?と、ドキドキさせるのです。

 

■まとめ

上手くいかなかったとき「何で?」と言うだけではなく、

なら、こうしよう!こういう方法を試す。探す。考える。

そして後ろに戻らない。次のアイデアを出すことが大事。

 

お客さんの小さい悩みを解決する小さなアイデア。

大きいことをはじめから解決しようと思わない。

たとえ解決しなくても、難しいことなのでガッカリしない。

まあ、いいか。が癖になり何も解決出来ない。

面白がること、車で言うアイドリングの状態。

無関心であることが一番危ないのです。


「脳を生かした仕事術」 茂木 健一郎 氏

言わずと知れた茂木 健一郎 氏の講演。

■経歴

東大 → 理研 → 独立

理研について、「STAP細胞無くてすいません笑」 ← 会場全体に笑いが起きて場が和みました笑

こういう冗談を講演でさらっと言えるのも流石だと思いました。

 

■地頭力について

  • スペアマン(統計学、地頭) → 地頭が強い人の存在。
  • 地頭の遺伝 → 約50%程。
  • 「勉強するなら居間でしょ!」 → 居間のような騒がしいところでも勉強できる人 → 地頭力が強い。
  • 頭の良い人(地頭の良い人) → 色んなことに集中できる。(集中する力、ノイズがあるところでも集中出来る力がある。)
  • 騒がしい音、ノイズが聴こえなくなる。 → 大脳新皮質(地頭)が働いている状態。
  • 本番に強い人 → ノイズに強い人(周りからの障害、影響に強い人)

 

■フロー状態とは

  • 集中しているがリラックスしている状態。 → 本当の集中力
  • ex)気が付いたら1時間経っていた。 ← このフローの状態を覚えておく。
  • “武道の達人”のように敵に襲われたとき、一瞬でトップスピードにつけるかどうか、急なことでも0から100に達することができるか。
  • ex)タイガージェットシン(会場に入った瞬間からトップスピードになる。)

 

■脳の回路は使えば使う程、強くなる

  • ノイズの中で仕事に集中する。 → 脳が強くなる。(2週間程度で効果が出始める。)
  • 自分を変えることが出来ないと決めつけない。

 

■リチャード・ブランソン(失読症)

  • 長所と弱点は表裏一体。落ち着きが無い。 → 切替が早い。(マルチに色んなことが出来る。)
  • チームビルディングの再構築。 → 異なる特性を持ったチームがいかに協力し合って良い成果を出すか。

 

■日本人の「ニコポン」という習慣の形骸化。

  • ニコポンとは? → 肩を叩いて最近どう?etc.の雑談をすること。
  • 猿の毛繕い → “人間の雑談”にあたる。
  • 猿のボスになると150匹の毛繕いを行うと言われている。
  • 人間でいうところ150人分の雑談を聞けるかどうか。
  • 150人分のバランスシートを持っている人 → 仕事が出来る人
  • 社内の気の合う、合わないに限らず毛繕い(雑談)出来るような人は伸びる。
  • 社内で何か新しいプロジェクトをしたい場合 → 賛成意見 × 反対意見 → 取りまとめられる器量がある(毛繕いが上手い)
  • 逆に賛成意見の人とばかり話してしまう → NG

 

■キノコの山 × タケノコの山 あなたはどちら派?

  • キノコの山派向けの商品ばかり作っていたら対極の大きなマーケットを逃すかもしれない。

 

■人口知能について

  • 多くの仕事はコンピューティングが代わりに出来る時代が来る。

 

■まとめ

  • 今、会社で一番嫌いな人を思い浮かべてください
  • その人と毛繕い出来ますか?
  • 幸せの定義 → 自分自身を受け入れること。
  • 不幸せの定義 → 決め付け、こだわりに縛られること。
  • ex)幸せの青い鳥
  • 自分自身の等身大を受け入れること。
  • 色んな人に出会い、色んな人と話す。 → 社会的感受性を高める。

 

以上、箇条書きですが、備忘録となります。

 

↓こちらもクリックよろしくお願い致します。

石田工業株式会社

必殺CD・DVDハーフ収納箱

もうすぐ4月ですね!4月と言えば新生活が始まる方も多いのではないでしょうか。

最近、私個人は花粉症に悩まされております。。

花粉症の方々、この時期って、ほんまに辛いですよね。。

 

さて先日、私用で難波にラーメンを食べに行ったのですが、なんと!!

そこのラーメン屋さんのコップ入れに弊社の「必殺CD・DVDハーフ収納箱」が使われているではありませんか!!

1411384536023

まいど!石田工業㈱をご贔屓にありがとうございます!(少しゴリ押し感があるのは否めませんが笑)

 

ブログからの報告となって恐縮ですが、発見したときはとても親近感が湧きました。

 

製品は生産者にとって我が子のようであります。
メーカーとしましても製品が一人歩きするようになるまで見届ける義務があります。

製品設計者にとって、店舗で販売されている実製品を観るのはもちろん、街中で実際に人や店舗で使われているところを発見すると感慨深いものがあります。

 

4952110311179-

必殺CD・DVDハーフ収納箱

 

主な使い方としてはCDやDVDをコンパクトに収納するのに便利です。他にもコップや小皿の収納にもどうぞ!

【収納可能枚数】

CD:約20枚

DVD・ゲームソフト:約8枚

Blu-ray:約9枚

ニンテンドーDSソフト:約14枚

 

※ディスクのサイズによっては上記枚数より収納可能枚数が少なくなる恐れがあります。

ご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。


1411384691770

↑おまけのラーメン画像です。(麺屋彩々 様)

美味しく頂きました。

 

石田工業㈱をよろしくお願い致します。

弊社ホームページ

3.11

東日本大震災より丸4年が経過しました。

 

震災により犠牲となられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

また被害を受けられた全ての方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

 

石田工業㈱を今後ともよろしくお願い致します。

弊社ホームページ

大切なお洋服を長持ち!スーツ&コート ハンガー

3月に入りました!

そろそろ衣替えの時期ですね。

はやく重いアウターを脱いで

春服を着たい方も多いのではないでしょうか。

 

この冬お世話になったコートなどのアウターを、

来期も気持ち良く切るために、

ハンガーにもこだわってみるのがおすすめです。

 

肩部分の厚みが薄いハンガーだと、重いアウター類は

型崩れを起こしてしまいます。

そのまま長期間保管しておくと、痛んでしまいます。

 

 

そこでおススメ!!

D-507

スーツ&コートハンガー

suit01

 

肩幅が約45センチありますので、

大きなコートもおまかせ!

衣替えにまとめ買いされるお客様も多いです。

suit02 suit03

 

お問い合わせなど、お気軽にどうぞ!

http://www.ishidakougyou.com

デザイン・シンキング

こんにちは!久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません。

 

一月行く、二月逃げる、三月去る、と巷ではよく言われますが、今年に入り早くも3ヶ月が経ちました。

まだまだ寒い日が続きますが体調等崩されないよう気を付けましょう。

 

今回は、先日グランフロント大阪にて行われた「デザイン・シンキング実践講座」というセミナーに参加してきたので一部報告したいと思います。

そこで特に印象的だったのがセミナーの途中で座席の前後の人と互いに1分間、「自己紹介+自分が最近感動したモノ(コト)」のプレゼンをしたことです。

(※1分~30秒の間で自分を売り込む自己紹介等のことをエレベーターピッチ(またはアイスブレイク)というようです。)

 

他にも世界的なデザイン会社のIDEOの商品開発の例として下記のリンクの動画紹介がありました。

(※下記の動画はショッピングカートの開発プロジェクトの様子です。)

 

また、今回のセミナーにて”意味的価値”という興味深いキーワードを知りました。

 

※意味的価値(情緒的価値)とは…

その商品やサービスを使うことによって得られる心理的満足感を生む価値のこと。

 

これまでは商品(モノ)や出来事(コト)において、“社会的な価値”、“主観的な価値”が重視されてきました。

しかし、これからは人の感情に訴え掛けるようなものを提供していかないと消費者の方は振り向いてはくれません。

 

今後の商品開発者への課題は、スタイリング(見栄え)や使い心地(機能)はもちろん、ユーザーの所有欲や気持ちを左右させる領域まで考え抜くことだと思いました。

今まで通り、従来の商品開発を続けていては多くの商品同様、市場に紛れてしまうことでしょう。

 

総轄して、デザインするということは…

 

“人を理解する為に人の習慣や行動を書き溜め、その習慣にある情報を収集し、そこから得られた知識や洞察力を活用すること”

 

少し抽象的ですが、つまりデザインとは人の生活を考え、人の充実感や幸福感に貢献する行為全般のことではないか、と私個人の意見ですが、そう解釈しました。

昨今、「デザイン」という言葉の意味が広義に捉えられていますが、時代の流れや風潮によって捉え方も様々に変化していくのではないか、と思いました。

以上、新しく知ったキーワードや改めて商品開発の仕方を考え直すきっかけにもなりました。

 

 

“デザイン”にも熱い!石田工業㈱を今後ともよろしくお願い致します。

弊社ホームページ